関空から沖縄へ
okinawa020.jpg 
大阪の寒さが嘘のように、沖縄は暖かい~~~
空港からレンタカーでエアコン入れてのドライブでした


初日の予定は、「識名園」・「首里城」・「玉陵」・「座喜身城趾」
okinawa045.jpg

okinawa041.jpg 



識名園は、琉球王最大の別邸、国王一家の保養や
中国皇帝の使者である冊封使(さっぽうし)の接待の場にも利用された
okinawa061.jpg 


守礼門は、尚清・しょうせい(在位1527~1555)王時代に創建。
琉球王は中国からの使者・冊封使をここで迎えた。
「守礼之邦」と書かれた額は、「礼節を重んずる国」という意味。

okinawa079.jpg 

正殿は、琉球王国最大の木造建設物。中国紫禁城大和殿をモデルにしたと考えられている
okinawa091.jpg

okinawa099.jpg 


玉陵は、、琉球王尚真(在位 1477~1526年)によって、王朝の陵墓として1501年に築かれた。
まず王が亡くなると中室に遺体を数年安置し
骨だけになると洗骨し王及び王妃は東室に、その他の王族は西室に納骨された。
okinawa115.jpg

okinawa111.jpg

okinawa114.jpg 
座喜味城は、15世紀初期に築いた城といわれている。

☆2日目は、「沖縄美ら海水族館」・「今帰仁城跡」
残波岬から、R58で沖縄美ら海水族館まで快適なドライブでした
okinawa164.jpg 
デカイ 水槽でした


okinawa215.jpg 
その後、「今帰仁城跡」を目指して・・・途中、道路脇の寒緋桜が満開でした


okinawa221.jpg

okinawa234.jpg

okinawa242.jpg

okinawa247.jpg
今帰仁村は、沖縄本島の北西部に大きく瘤【こぶ】のように突き出した本部半島【もとぶはんとう】の北部に位置する。
かつての琉球(沖縄)では、沖縄の英雄として語り継がれる尚巴志【しょうはし】王によって国内が統一される以前の時代を三山【さんざん】時代(1400年前後)と呼び、3つの大きな勢力が争っていた。三山は北山【ほくざん】、中山【ちゅうざん】、南山【なんざん】に分かれ、ここ今帰仁城は北山を支配する按司【あじ:領主】の居城とされた。
その大きさは首里城に匹敵すると言われる。


            二泊三日も振り返れば、あっ!いう間に
                     寒い大阪に戻ってきてました・・・